きもの着付け教室、着物出張着付けなら、JR横浜線「古淵」の高橋美登里礼法きもの学院

高橋美登里礼法きもの学院

東京キモノショー2017を見に

2017.05.03

5月2日、東京キモノショーを見に日本橋へ。

 

12:30に三越前で生徒さんと待ち合わせをして、まずは腹ごしらえ。以前、皆で新年会をした三重県のアンテナショップレストラン「三重テラス」に。イタリアンのお店です。

「海鮮パスタランチが美味しそう♪」と注文したのですが、私「牡蠣と穴子は入ってます?」と聞いたところ、店員さん、申し訳なさそうに「…すみません…入っていません…」

いえいえ、入っていない方が良いんです〜、じんましん出ちゃうんで。。

エビと高菜のパスタを美味しくいただきました♪

 

お食事後、外に出ると、何だか素敵な風景♪思わず写真撮ってもらっちゃいました!

 

 

さて、東京キモノショー。

会場に入ってすぐのところには、華道家元「池坊」作品と反物のコラボ!?

 

 

着物をトータルコーディネイトした200体のマネキンがずらりと並ぶ会場は大盛況。

 

 

東京キモノショーがスゴいのは、至る所に「写真撮影OK」の張り紙があり、どんどんフェイスブックやTwitterにあげてね!のスタンス。

 

素敵な作品が沢山ありましたが、撮りきれないので「イマジンワンワールド」の写真を載せておきます。これは、2020年の東京オリンピックに向けて世界196カ国の国をイメージした着物と帯を制作しようというプロジェクト。会場には6作品が展示されていました。

 

インド。都立小学校4年2組の生徒さんと染織作家さんが共同で作った作品なのだそうです。

 

 

チャド共和国。アフリカの力強い大地を思わせる作品。

 

 

フィージー。海の中で魚達がラグビーしてます。

 

 

ミャンマー。国花が描かれていました。

 

 

マダガスカル共和国。この国の蝶や生き物が描かれていました。

 

 

アメリカ。全ての州の花を描いていました。

 

 

そして、知らぬ間にこんな素敵な写真を撮ってくれていました♪

銭湯のペンキ絵師が描いた富士山をバックに。

 

フェイスブックでお見かけした着物好きさんも沢山いらしていましたよ。ディスプレイしてある着物コーディネイトを見るのも楽しかったですが、会場にいらした着物愛好家の皆さんの着物姿をたくさん見られたのも楽しかったです♪

 

会場をぐるぐる歩きまわり、足が棒のよう。どこかでお茶でもしましょ、と会場を出ると、何とした事でしょう〜♪目の前に「top’s」が。

もちろんケーキセットご注文♪