きもの着付け教室、着物出張着付けなら、JR横浜線「古淵」の高橋美登里礼法きもの学院

高橋美登里礼法きもの学院

老人ホームできもの展示2017

2016.12.30

毎年させていただいている老人ホームでのボランティア。

年末年始を老人ホームで過ごす方々に、少しでもお正月気分を味わっていただだければ、とはじめたこのボランティアも今回で7回目になります。

 

毎回、テーマを決めてお人形に着物を着せつけて展示しています。今回は「ミセスの装い」と題して、普段着から礼装着までを表現しました。

写真は、まだ完成ではないですが…老人ホームできもの展示2017

今年、着付け技能士2級を取得した生徒さんと2人で行なうはずでしたが風邪でダウン。なので私1人で。4体機せつけるのに1時間以上かかってしまった…

 

老人ホームに伺うと、さっそく館内放送で「きものの着せつけを行います、興味のある方はお越しください」

という訳で、ギャラリーの見守る中でお人形に着せつけ。

 

まずは普段着、ウールのきものに半幅帯で矢の字結び。

「お母さんが、よくこの帯結びをしていたわ〜」と懐かしそうにおっしゃるかたがいて、そこから話題は子供の頃の思い出話しへ。

 

続いて外出着、小紋のきものに名古屋帯で角出し風に。

そして略礼装着、訪問着に袋帯で創作帯結び。お正月ですのでおめでたい雰囲気を出そうと、お太鼓の上に扇をイメージしたお羽根を2つつけました。

 

最後はミセスの礼装着、留袖。こちらは格調高くシンプルな二重太鼓にしました。

「仲人した時に着たのよ」とおっしゃるかたも。

 

きものには、やはり特別な思い出があるのですね〜。

 

1時間以上、最初から最後まで見てくださったかたもたくさんいらして、「お疲れだろうなぁ」と、ちょっと申し訳なくなりました。