きもの着付け教室、着物出張着付けなら、JR横浜線「古淵」の高橋美登里礼法きもの学院

高橋美登里礼法きもの学院

歌舞伎座十月大歌舞伎を見に…私じゃないの、羨ましい〜

2016.10.19

10月14日(金)カルチャースクールでのお稽古。

この日は、帯揚げ徹底研究の予定でした。

帯揚げって、種類や柄づけによっては、すごく難しいものもありますよね。なので、どんな帯揚げを持って来られても「ドンと来い!」ってくらいに徹底的に練習しましょう、という日。

 

…の、はずでした…

 

この日は、お稽古のあと、歌舞伎座に観劇に行くという仲良し生徒さん2人がおりまして、それはもう、歌舞伎座ですから、その上、中村芝翫をはじめとする中村家4人揃っての襲名披露公演ですから、見に行く側としても着物姿に気合いが入る事、入る事(笑

 

歌舞伎座十月大歌舞伎を見に…私じゃないの、羨ましい〜

普段なら「ま、いっか!」と見なかった事にしちゃうお太鼓の柄の出方にも細心の注意を払い、ちょっとでも気に入らないとやり直したり、帯山が低いと「老けて見えちゃう〜」とやり直し(笑

 

で、結局、帯揚げの練習までに至らず…素敵な着物姿レディー2名が完成!

歌舞伎座十月大歌舞伎を見に…私じゃないの、羨ましい〜

「良いなぁ〜、感想聞かせてね〜」と2人を送り出したら、こんな感想を送ってくれました♪

 

写真右、玉三郎LOVEのりっちゃん

玉三郎の藤娘、期待通り綺麗でした。 感激!
口上もなかなかのものでした。親子四人同時襲名  家族っていいですね~

 

写真左、帯締めに一工夫のあっちゃん

今回は橋之介の襲名披露公演と言うことで、凄い顔ぶれ!
口上では、口火を切ったのが坂田藤十郎、次は板東玉三郎で、後には尾上菊五郎、菊之助親子、中村吉右衛門、中村七之助など、それはそれは豪華な皆さんでした。
口上で尾上菊五郎が皆さんが気になっている橋之介の「不徳の致すところ」的な話を「コウちゃん(橋之介の本名がコウイチさんです)は奥さんに大変叱られながら、今回、歌舞伎の名跡である芝翫を襲名し…」と。
会場はドっと笑い声。
奥さんに「きつくきつく、それはもう、時間を忘れるくらいに」怒られたんだもんねえ。
同じく歌舞伎の名跡といえば、坂田藤十郎は「ん?いっぱい引っかけてきた?」と思われるようなヨレヨレ具合。
1人だけ紙に書いてあんちょこ持ってたくせに、名前を間違えるわ、しどろもどろだわ、グダグダでした。
最後は、諦めたんでしょうね、3人の息子の名前は言わずに「3人の息子」で通しました。他の皆さんは長い口上だけど、きちんと芝翫、橋之介、福之助、歌之助って何回も言ってたけどね。
まあ年寄りだから仕方ないか。
だけど、何年か前にホテルで若っい舞妓とバスローブはだけさせてる写真撮られてたよね?
もっと、仕事に修身しろ!藤十郎!

 

帯揚げ徹底研究は、次回必ず!