きもの着付け教室、着物出張着付けなら、JR横浜線「古淵」の高橋美登里礼法きもの学院

高橋美登里礼法きもの学院

こんな着物コーディネイト…紺色格子のきものに紺色尽くし

2015.12.17

自分では気付かなかったのですが…私、格子が好きみたいです。

 

着物の柄に限らず、丸いものより角がある感じの物の方が好きな事は、薄々気付いていたのですけどね。例えば、クリクリの丸い目より、切れ長のシュッとした目により魅力を感じたり、タンカレーよりボンベイサファイアのボトルの方が好みのフォルムだったり。

丸い形は、包み込むような安心感があります。角張っている場合は底辺があるので、ドッシリとした安定感があるように思います。安心と安定、似た様な言葉ですが、どう違うのか、ググってみました。

 

安心…気にかかることがなく心が落ち着いていること。

安定… 物事が落ち着いていて、激しい変動のないこと。

 

つまり、「安心」は心に重きを置いていて心の平安を、「安定」は物質的な平安を意味しているのかな、と思います。だとすると、「安心」は安らかな家庭を守る母性、「安定」は経済を保証し外敵を遮断する父性とも言えるのかと。

だから丸いものは可愛らしい女性的なイメージがあり、シャープなものは頼り甲斐のある粋な姐さんっぽく感じるのですね。

 

さて、このコーディネイト。

紺地の格子柄で粋な姐さんっぷりをアピールしているのですが、可愛らしさを捨てきれないところが帯の花柄にチラリと。

こんな着物コーディネイト…紺色格子のきものに紺色尽くし

着物…紺地に水色の格子柄の紬

…白地扇面に花柄の紅型染め名古屋帯

帯締め…紺の平打ち

帯揚げ…紺地にピンクの向かいづる模様の縮緬

半衿…ベージュの縮緬

 

粋な姐さんっぽくするには、色数を少なめに押さえる事もポイント。その意味でも、帯に少々色が入っているので、やはり可愛らしさアピール?

次回は、このきもので「完全姐さんコーディネイト」をしてみます〜。

 

 

※「こんな着物コーディネイト」シリーズの過去記事はこちら

絹紅梅に麻の帯

柿渋染めの夏物に帯屋捨松の帯

絹芭蕉のきものに螢尽くし

夏黄八に羅の帯

単衣のきものに赤い三分紐で

春色きもので

紺の色無地に博多帯

若草色の塩沢紬で帯遊び

赤い帯締めで

若草色の塩沢紬

化繊の色無地