きもの着付け教室、着物出張着付けなら、JR横浜線「古淵」の高橋美登里礼法きもの学院

高橋美登里礼法きもの学院

こんな着物コーディネイト…絹紅梅に麻の帯

2015.08.22

このきもの、写真ではわかりにくいですが紅梅織り。紅梅織りとは、数本おきに太い糸を織り込み、格子状(あるいは縞状)に織ったもの。たまたまですが、きものの柄が井桁で格子っぽく見えるので、余計に紅梅織りとは分かりにくいですね。

 

そして綿糸で織られたものを綿紅梅と言います。綿ですから浴衣と同じ素材、つまり綿紅梅は高級浴衣とでも言いましょうか。

また、細い糸に絹を、太い糸に綿を使って織ったものを絹紅梅と言います。こちらは綿紅梅に比べると絹のしなやかさがあります。

どちらも、糸の太さが違うので布の表面に凹凸ができるため、肌に張り付かず心地よい肌触りになります。

こんな着物コーディネイト…絹紅梅に麻の帯

きもの…写真の着物は、手触りからすると絹紅梅なのですが、実は絹でも綿でもなく化繊。ですから「この着物は何ですが?」と聞かれた場合「化繊のきものです」と答えるのが正しいと思うのですが、聞いたかたは素材が知りたい訳ではなく、格子状に織られた布地についてを聞いていると思うので、「絹紅梅です」と答えちゃってます。

 

帯…麻で出来た、桐生絞りの絽の九寸名古屋帯。20年ほど前、桐生の織元、泉織物さんに産地見学に行った時に買い求めたものです。

 

帯締め…手作りの帯締め。夏物は、組台を使わずに三つ編みのように手軽に組む事が出来るのでgood。

 

帯揚げ…淡いピンクとブルーの絽。

 

半衿…ベージュの絽。

 

 

 

※「こんな着物コーディネイト」シリーズの過去記事はこちら

柿渋染めの夏物に帯屋捨松の帯

絹芭蕉のきものに螢尽くし

夏黄八に羅の帯

単衣のきものに赤い三分紐で

春色きもので

紺の色無地に博多帯

若草色の塩沢紬で帯遊び

赤い帯締めで

若草色の塩沢紬

化繊の色無地