きもの着付け教室、着物出張着付けなら、JR横浜線「古淵」の高橋美登里礼法きもの学院

高橋美登里礼法きもの学院

男性着付けの個人レッスン

2015.04.08

久しぶりに男性のきものレッスン。

女物に比べると男物の方が簡単なのに、きものを着る男性って少ないですよね。街を歩いていても男性の着物姿の方が珍しくて目立ちます。

 

ですので男性のきものレッスンのご依頼は、女性に比べたら圧倒的に少ないです。女性のレッスンしてみたい理由No.1は「きものを楽しみたい!」ですが、男性の場合は「着なければならない事情がある」がほとんど。たとえば、海外できものを着る必要があるとか。

 

ですが今回の方は、お着物好きの奥様の影響でご自身もお着物がお好きなようです。

5月にお友達を招いての披露宴を予定している新婚さん。実は、その披露宴で、私が花婿さん花嫁さんにお着付けをします。今回のレッスンは、その時にお召しになる花婿さんの衣装合わせも兼ねて、せっかくだから普段着物の着方もマスターしましょうという事に。

 

まずは土台作り。スリムな男性なので、胸元からお腹周りにかけて、ガーゼと綿で補整。首元からボーダーのTシャツがのぞいているのはご愛嬌。

※ご本人様ご了承の上、掲載しています。

男性着付けの個人レッスン

 

ふむふむ、やはり補整はこのくらい入っていた方がいいわね。

男性着付けの個人レッスン

まずは、着物の完成。着物とTシャツの色が妙に合ってる…

男性着付けの個人レッスン

 

帯は、袴の後ろ姿にボリュームをつけたいので一文字にしました。長襦袢と着物の丈が長かったのではしょり上げて。何だかこのまま飛脚になって走り出しそう!? 帯の上のきものには、動きやすいようにゆるみ分をつけました。

男性着付けの個人レッスン

 

いよいよ袴をつけてゆきます。

男性着付けの個人レッスン

 

女物の袴の後ろは、きものと帯に斜めにつけますが、男物はきものにぺったりとつけてしまいます。

男性着付けの個人レッスン

 

前姿完成。十文字に締めてゆく袴紐を見ながら「覚えられない…」と彼。一緒に来ていた奥様もチャレンジしてみましたが、やはり「1回やったくらいでは覚えられない〜」。 大丈夫、披露宴本番で、「忙しいから袴紐を結んでおいて〜」なんて言わないから〜。

衿元からTシャツがのぞいていると、書生さんみたいね。

男性着付けの個人レッスン

 

出来ました〜。即席でTシャツを隠してパチリ。

男性着付けの個人レッスン

 

 

さて、ここからは自分で着物を着るのよ〜。奥様のおばあちゃまが誂えてくださった大島紬にチャレンジです。

まずは長襦袢。男物は使用する紐数が少ないので手順は簡単なのですが、その分、適切な場所にしっかり紐を締めないと着崩れます。

男性着付けの個人レッスン

 

続いて帯。前で結んでから後ろに回します。あまりに長い帯に四苦八苦。

男性着付けの個人レッスン

 

何とか出来て後ろに。帯結びは奥様のリクエストで貝の口をマスター。この帯結び、背中のどこに置くかで印象が違ってきます。ど真ん中に置くと丁稚の小僧さんになっちゃうし、脇に寄せ過ぎちゃうと極道チックに。背中央と脇のちょうど間くらいが粋でしょうか。

男性着付けの個人レッスン

 

羽織を羽織って完成です。この、房を上に向けて結ぶ羽織紐の結び方、形よく結ぶのは結構難しいんです。なので、くれぐれも羽織紐をほどいて脱ぎ着しないようにね! 羽織紐に付いているS字カンを外して脱いでください。

男性着付けの個人レッスン

 

奥様もご主人の着付けにチャレンジ。ご主人、自分で着ている時とお顔が違いますね〜。奥様に着付けてもらって嬉しそう!

男性着付けの個人レッスン

 

ザ・日本男児!という感じで、着物すごくお似合いですよ。是非、お二人揃ってお着物でお出掛けしてくださいね♪