きもの着付け教室、着物出張着付けなら、JR横浜線「古淵」の高橋美登里礼法きもの学院

高橋美登里礼法きもの学院

2015和楽器演奏会のお着付け

2015.02.28

普段の生活では、洋楽器に比べると和楽器に触れ合う機会は少くなってきましたが、お三味線やお琴の音色を耳にするとなんだかホッとします。日本人だからでしょうか?

 

毎年させて頂いている和楽器演奏会のお着付けに行ってきました。

楽屋廊下にはお琴が幾つも立てかけてあり、通り抜けるのに緊張しました。お着付けする楽屋にもお三味線が横たえてあり、お着付けに夢中になって蹴飛ばしてしまったらどうしよう…「絶対に触れてはならぬ」と言い聞かせ…

 

今年は5人の演奏者のお着付け。

和楽器演奏会のお着付け和楽器演奏会のお着付け和楽器演奏会のお着付け和楽器演奏会のお着付け和楽器演奏会のお着付け

心掛けている事は、演奏する楽器によって身体の動かし方が違うので“演奏しやすいお着付け”

お三味線は、左手を高くあげるので、左脇のゆるみが十分にあるかどうか。

お琴は、前屈みになるので帯が苦しくないか、また腕を前や横に大きく動かすので脇のゆるみは大丈夫か。

お着付けのあと、演奏時の動きをしていただいて確認します。

 

今回は、他装のお稽古を始めたIさんにアシスタントをお願いしました。4月にお母様のお着付けをする予定のIさん、気合いが入ります。お稽古では、すべての道具が揃っている中でのお着付けですが、現場では

腰紐が足りません〜

補整用のタオルがありません〜

これは何??

など、次々発生する問題を、臨機応変にクリアしていかなければなりません。やはり、現場経験に勝るお稽古はないですね。無事、お三味線を蹴飛ばすこともなく(!?)時間内にお着付けできました。

 

写真は、Iさんが撮影してくれました。アシスタントをしながらの緊張感漂う中で、さすがです!ありがとうございました。