きもの着付け教室、着物出張着付けなら、JR横浜線「古淵」の高橋美登里礼法きもの学院

高橋美登里礼法きもの学院

私に出来る事

2011.05.24

震災直後のニュース映像で、瓦礫の山から泥だらけの写真を見つけて大切に持ち帰る被災者を見て、胸がつまる思いでした。そして、自分の仕事の無意味さを感じました。
キャンセルなど、少なからず仕事に影響があり、今、私の仕事は、世の中の何の役にも立たないのだと痛感しました。そして、私に出来る事は何だろう?と考えた時、失った思い出を取り戻してあげる事は出来ないけれど、被災者の皆さんが最低限の生活を取り戻せた時に、新たな思い出づくりの1つのきっかけを作って差し上げる事は出来るのではないかと。そんな思いからボランティアをする事にしました。

5月の連休明けから具体的に動き始めました。きものやアルバムを提供してくださる企業を探したり、ボランティア募集のポスターを張っていただけるようにお願いしたり、参加してくださるフォトグラファーさんやヘアメイクさんと打ち合わせをしたり…もちろん活動資金を出してくれるスポンサーがいるわけではありませんので、仕事が減った=収入が減った私のポケットマネーが羽根を付けて飛んでいきます。でも、そんな中、不思議なことに5月の連休明けから、生徒さんが増えているんです。

●今月からお稽古に来てくださった方がいます。
●震災後、関西のご実家にお子さんを連れて避難していた方が戻ってこられ、来月からお稽古を再開すると、連絡をくださいました。
●「見学させてください」とお問い合せをいただきました。
●そして昨日、個人レッスンのお申し込みがありました。

「金は天下の回り物」

と言いますが、神様は、必要な時にはちゃんとまわしてくださるんですね。お稽古にいらしてくださる皆様、ありがとうございます。